9月23日の毎日新聞によると、
糖尿病の名称が変わりそうだ。
日本糖尿病協会が提案した名前は、
「ダイアベティス」だそうだ。

「糖尿病」という名称が、
不潔なイメージや偏見につながりやすい。
というのが理由の一つらしい。

「ダイアベティス」
日本語に訳すと、
「多尿状態」だそうだ。

どっちにしても “しょんべん” じゃないか。
ああ、いやだいやだ。

「多尿」???
よけいに偏見を招きやすい。

糖尿病協会には患者も加わっているらしいのに、
反対しなかったのだろうか。

以前から、
「高血糖症」にすべきだと言ってきたのに・・・。